So-net無料ブログ作成

SAPPHIRE、Radeon HD 5550グラフィックスカード2製品を発売

"VD3781"  アスクは3月16日、SAPPHIRE製となるRadeon HD 5550搭載グラフィックスカード計2製品「SAPPHIRE HD5550 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA」「SAPPHIRE HD5550 1G DDR2 PCI-E HDMI/DVI-I/VGA」(以下、VD3781/VD3782)の取り扱いを発表、3月中旬以降に順次販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はVD3781が9000円台半ば、VD3782が9000円前後。 2製品はともに、GPUとしてRadeon HD 5550を採用したPCI Express 2.1 x16接続対応のグラフィックスカード。搭載メモリはVD3781が128ビットDDR3 1Gバイト(動作周波数は667MHz)、VD3782が128ビットDDR2 1Gバイト(400MHz)となっている。コアクロックはともに550MHzだ。 インタフェースは2モデルともDVI/アナログD-Sub/HDMIを搭載した。■関連記事Radeon HD 5830チップ搭載グラフィックスカード、各社より発売Radeon HD 5570搭載グラフィックスカードが各社より発売バリュー価格帯GPU「Radeon HD 5450」搭載カードが各社よりリリースミドルレンジGPU「Radeon HD 5670」搭載カードが各社よりリリースRadeon HD 5970搭載グラフィックスカードが各ベンダーから発表

<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相

 北沢防衛相は16日の参院外交防衛委員会で、米軍普天間飛行場の移設問題に関し、「(日米)交渉の主役は、岡田外相だ」と述べた。北沢氏は2日に平野官房長官と共にルース駐日米大使と会談したが、岡田氏が加わっていなかったことから、「岡田外し」との見方が出ており、岡田氏への配慮をにじませた形だ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。